アキュエラ水素水の他との違いについて

水素水は、その名の通り一定量の水素が溶け込んだ水のことを言い、スポーツの際や医療の現場でも用いられています。

 

様々な水素水が販売されていますが、その中でも最も水素濃度が高く、プロ仕様の水素水と呼ばれているのが、アキュエラ水素水7.0ppmです。

 

他の水素水では、水素濃度が1.0ppmあれば十分と言われていますが、その7倍もの水素水が含まれています。

 

本当にこれだけの濃度の水素水なのかと疑ってしまう人もいると思いますが、実際にこの水素水7.0ppmを販売している会社ではない会社が水素濃度を測定した結果、ほぼ7.0ppmに近い値になっているという実験結果になりました。

 

そのため、アキュエラ水素水7.0ppmに含まれている水素の量は、他の商品に比べてダントツだということができます。なぜ、これほどまでに水素の量が多いのかについてですが、その理由は水素発生剤を用いているからです。

 

他の商品では、商品販売時には確かに多くの水素が含まれていますが、水素分子は大きさが非常に小さいため、わずかな隙間でも簡単に通り抜けてしまい、時間が経つにつれてその量が減っていきます。

 

特に、ペットボトルで販売されているものは、ほぼ確実に水素が逃げてしまっているので注意が必要です。また、水素をなかなか通さないアルミ缶やアルミパウチに入っているものでも、そもそもの水素濃度が低いため、多くても1.2ppm程度になっています。

 

しかし、アキュエラ水素水7.0ppmでは、水素発生剤と呼ばれるものを使っており、このカプセルを入れて1日後にボトルを振れば、水素が大量に発生する上に、水素が逃げてしまう前に飲むことができます。水素水の効果はこの水素の量が多ければ多いほど得ることができるので、そういった点からアキュエラは非常におすすめな水素水だと言えます。

 

では、このアキュエラ水素水7.0ppmを飲むことで、どのような効果を得ることができるかについてですが、水素水を飲むと体内の活性酸素を素早く除去してくれます。そもそも、水素は常温で無色、無臭の気体であり、活性度が非常に高く、他の物質と容易に結合する性質があります。そのため、この水素を体内に取り入れることによって、体内の活性酸素と結合し中和してくれます。

 

これにより、たまっている活性酸素を除去してくれるので、健康な体づくりに大きく貢献してくれます。私たちは、生きていくためにエネルギーが必要ですが、このエネルギーを生み出すに時にミトコンドリアによって活性酸素が生み出されてしまうんです。

 

 

そのため、活性酸素は生き物すべての体の中に存在することになりますが、この活性酸素はすべてが悪い働きをするわけでなく、善玉の活性酸素と悪玉の活性酸素があります。

 

このうち、善玉の活性酸素は、体外から入ってきたウイルスや細菌などの除去を手伝う働きがあります。

 

ですので、むやみに活性酸素を取り除くのはよくないのですが、水素にはこのうち悪玉の活性酸素のみを除去する効果があるので、私たちの体にとってメリットしかありません。

 

悪玉の活性酸素を除去することによって、体がさび付いてしまうのを防ぎ、老化を防止することができます。血液をサラサラにすることもできるので、動脈硬化や心筋梗塞などの重病の治療、予防も行うことができます。

 

病気の予防などの医療面において期待されていますが、この他にも美肌になりたい方やダイエットしたい方にもおすすめです。活性酸素には肌をきれいに保つ成分であるコラーゲンを分解する働きがあります。また、活性酸素は肌のシミやソバカスを増殖させる働きもあります。

 

そして、肌を紫外線などの外敵から守るためにメラニン色素が酸化して黒くなり、肌荒れなどを引き起こします。水素水を飲むことで、この活性酸素を除去することができるので、肌の内部のコラーゲン量を一定に保つことができるようになり、きれいな肌に戻す手助けをしてくれます。

 

アキュエラ水素水7.0ppmには評判通り多くの水素が含まれているため、飲んで体内から摂取するだけでなく、直接肌に塗ってもその効果を実感することができます。活性酸素が少なくなれば、血液がサラサラになり、新陳代謝が良くなります。

 

新陳代謝がよくなると、中性脂肪の燃焼を促進させることができるので、ダイエットにもつながります。特に、痩せるために必要な栄養素を摂取していても、血液の流れが悪ければ、全身にその栄養素が行き渡らなくなるので、効果が半減してしまいます。

 

そのため、血流を良くすることは非常に大切なこととなります。食事制限や運動をする必要がないので、こういったダイエット法が長続きしない人には非常におすすめです。他にも生活習慣病の予防などにも使えるので、ぜひ試してみてください。